住宅改修

介護保険が適用となる住宅改修

介護保険の認定を受けている方は、下記の住宅改修が20万円を上限として1割の自己負担で工事できます。

  • 必ず施行前の事前申請が必要となりますので、詳しくは当社にお問い合わせください。
  • 住宅改修費の給付は原則1回のみですが、転居や、身体状況が大きく変化した場合等は再度給付されます。
  • 住宅改修工事の利用や申請方法は市町村により異なります。

介護保険で対象となる工事

1.手すりの取り付け
手すりの取り付け
2.段差の解消
  • 敷居の撤去
  • スロープの設置
  • 床のかさ上げ
  • 通路等の傾斜の解消など
段差の解消
3.滑りの防止及び移動の円滑化等のための床又は通路面の材料の変更

4.扉の取替え
  • 開き戸を引き戸、折戸、アコーディオンカーテンへ変更する
  • ドアノブの変更
  • 扉の撤去など
扉の取替え
5.便器の取替え
  • 和式便器から洋式便器への取替えなど
便器の取替え
その他(1~5の住宅改修に付帯して必要となる住宅改修)

玄関

浴室・トイレ

階段・廊下

屋外